活用事例

事例 1

業界
自動車関連メーカー
対象者
研究開発チーム
課題, 状況
複数の開発プロジェクトが平行して進む中、より効率的に業務を遂 行し、チームとして効率的に仕事をすすめたい。
効果
業務推進のためのチームとしての共通言語ができ、生産性の向上に寄与し ている。

事例 2

業界
電気関連メーカー
対象者
営業への職種転換者
課題
技術関係中心の仕事から営業部門へのキャリアチェンジをするにあたり、複雑かつ多忙な営業業務への不安払拭をしたい。
効果
業務効率をあげるための体系的なメソッドを理解することにより、営業業務への不安を払拭し、前向きに取り組むマインドセットにつながった。

事例 3

業界
大学病院
対象者
医師、看護師、スタッフ
課題, 状況
繁忙極める医療現場において、隙間時間を効率的に使いながら業務を遂行し、臨床場面においても、さらに余裕をもって対応できように相乗効果を生み出したい。
効果
隙間時間の効果的な活用方法を得ることができ、業務効率の向上が期待できる。今までやらなければならないとは思いつつも、手を付けないでいたことを実行するための糸口がつかめた。

事例 4

業界
情報サービス
対象者
若手社員
課題
仕事を覚え、できること・やらなければならないことがどんどん増える中で、もっと効率的にアウトプットしていくスキルを身に付けたい。
効果
新たな案件や大きなテーマがあると、つい抱え込んでしまい進捗が遅れていたが、確実に前に進める方法が習得でき、今後の仕事に活かせる。

事例 5

業界
地方自治体
対象者
職員研修担当者
課題
予算縮小の流れの中で、職員数削減、業務の効率化が必須であり効率的な業務推進が課題である。
効果
複数担当兼務が状態化している中で、いかに効率的に業務をすすめるかのヒントが得られた。
地方行政

革新的な仕事術GTD®。GTD-Japanでは日本で唯一のGTD®公式セミナーを開催しています。